道東をもっと楽しむ Do-Life

釧路トヨタの社員が記者として、くるまやくらしを通じて感じた道東エリアの魅力を伝えるWebマガジン

MENU

手作りパン教室「Jimi-pan」は子どもを想う親心から始まった。

2017.9.21

  • Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

こんにちは!釧路トヨタ芦野店、営業の小林です。
今回の記事のテーマは「出会う」です。
地元釧路で起業して頑張っている人、こだわりを持って働いている方に会いに行き、取材させてもらうのが目的です!

今回取材させていただいたのは国道38号線沿いの鳥取神社のすぐ近くにあるen.share placen内で、手作りパン教室「Jimi-pan」を経営されている赤間有美子さんです。

th_dsc04940

とても笑顔がステキな赤間さんは、釧路生まれ釧路育ち。
ご主人とお子様3人の、5人家族のお母さんです!

定期的にパン教室を開いていらっしゃるほか、パンの販売やカフェ、雑貨市、勉強会など多岐にわたり活躍されています!

th_07_no09_tuika_01

なぜ彼女がここまで積極的にさまざまなことにトライされているのか、どんな思いを持っていらっしゃるのかについて、詳しく伺ってきました!

パン作りをはじめたきっかけ

th_dsc04960

もともとパン作りやお菓子作りが好きだった赤間さん。
お子さんがアレルギーを持っていたため、市販のものには何が入ってるかわからない聞かないとわからないと不安を抱いていたそうです。

「子どもに安心しておいしものを食べさせてあげたい!!」

そんな思いで、いろいろな地方に行き、パンや食の勉強をはじめました。

th_07_no09_tuika_02

こうしてさまざまな知識を身につけた赤間さんですが、次第に自分が得たものを同じ悩みを持っている人に伝えたいと思うようになったそうです。
それがパン教室を開くきっかけになったと語っています。

その真剣な話しぶりから、熱い思いと優しい気持ちが伝わってきました。

th_dsc04977

パン教室にやってくるのはどんな人たち?

教室には初心者の方はもちろん、パン作り経験者の方や同業者の方もいらっしゃるそうです。

技術が盗まれるなどの懸念から、一般的には同業者お断りの教室が多いそうですが、赤間さんの教室は同業者の方も参加できるとのこと。
それは、パン教室を開く目的が技術を磨くためではなく、楽しくパンを作ることを知ってほしいという点にあるからだそうです。

th_dsc04927

赤間さんがパン教室を通して伝えたいことは、技術や知識ではなく、パンを作る楽しみ
だからこそ、同業者も初心者も、もちろんお子様づれでもどんどん参加してほしいとのことでした。

特にお子様には、上手にパンを作ること以上に、楽しみながら作ることを伝えたいとおっしゃっていました。

th_07_no09_tuika_03

だからこそ、教室が終わった後に「楽しかった!!」と言ってくれるのが一番うれしいのだそうです。
そんな赤間さんのパン教室だからこそ、たくさんの人が受講されるのかもしれませんね。

パン美味しすぎる!

パン教室の内装は自分でリノベーションし、自分好みにしたそうです。
おしゃれですねー!!

こうして内装を拝見していると…

…ん?  ん?!
窓際に何かあるぞ‥‥‥!!

th_dsc04962

こ、これは焼きたてパン!
美味しそう…

th_dsc04966
「どうぞ召し上がってくださいね」

え!いいんですか!
じゃあ遠慮なく頂きます!

絶対うまいこの見た目!!

th_dsc04985
こちらは一押し商品の塩バターパンです。
道産小麦のキタノカオリと高梨乳業さんのバターを使用したこだわりの商品とのこと。

もちもち、ふわふわの食感とバターの芳醇な香りが口の中に広がります。
さらに上に乗っている塩が絶妙で、パンの美味さをさらに引き立てています!
Jimipanでは毎週木曜日、en.share placenにてパンの販売を行っているとのことなので、みなさんもぜひ食べてみてください!

th_07_no09_tuika_04

赤間さんの大切にしている言葉

赤間さんの好きな言葉。それは「身土不二」だそうです。
ネットで調べてみると以下のように書かれていました。

人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということ。その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良いという考え。
コトバンクより


僕はここで初めて知ったのですが、いい言葉ですよね。

th_dsc04956

赤間さんは2度の大病を患いながらも、「挫折してただ生きるよりも挑戦しやりたいことをやろう」という思いを持ち、今を生きているそうです。

だからこそ体にいいもの、食べ物の本物を見極める違いを伝える情報源になれたらと思い、さまざまな活動を行っているとのこと。

「パン教室をしている間に大変なことってありましたか?」と伺ったのですが、「うーん…ないですね〜…」と答えてくださったのですが、それがなぜか、なんとなくわかったような気がしました。

まとめ

取材を通して、赤間さん自身すごく楽しんでパン教室をされているんだなと感じました。同時に、ご自身の考えをきちんと持ち、それを楽しくみんな伝えようとする赤間さんは、またお話を聞いてみたくなるような、とてもステキな人でした。

ぜひぜひみなさんもJimipanに足を運んでみてくださいね。

[店舗情報]
Jimi-pan(Studio AKAKOU)
釧路市鳥取大通3丁目20-16
0154-451085

■パン教室
日程はこちらを御覧ください
■パンの販売
毎週木曜日
en.share placen内にて販売

※営業時間および定休日は変更の可能性があるため、事前に確認の上でのご来店をおすすめします

カテゴリ

記者紹介