道東をもっと楽しむ Do-Life

釧路トヨタの社員が記者として、くるまやくらしを通じて感じた道東エリアの魅力を伝えるWebマガジン

MENU

親友と1泊2日の強硬旅で初めての礼文島へ

2017.5.30

  • Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

幼稚園時代からの親友が礼文島へ転勤に。
いい機会なので引っ越しの手伝いがてら礼文島に行ってきました。

ジムニーにおやじ3人で。

島が狭いとのことで親友のお父さんのジムニーを持っていくことになりました。

ドライフ 礼文島 
稚内着は翌朝7時半予定。
軽四なので途中、北見市内で給油をしようと思ったのですが、24時間スタンドがあまりない・・・。

夜中の2時に閉まるスタンドに2分前に滑り込み、セーフでした。

約15リットル入りました。釧路から北見まで約140kmなのでリッター9.3km。
軽四とはいえおやじ3人乗ると燃費が悪いものです・・・。

稚内に向け、一気に走行

稚内を目指しつつ、途中コンビニに寄ったり、最北端の宗谷岬へ。

ドライフ 礼文島 
ドライフ 礼文島 
朝の6時40分、なんと膝くらいのところの海に漁師さんが入り、私の大好きなタコを採っていました。
なぜこんな近くでとれるのか漁師さんに尋ねましたが分からないとのこと。
暖かいから岸に寄ってきているのでは?とか・・・。
姿が見えるときは手づかみで取っていました。うまそー・・・。
海岸沿いにはしばらく同じような漁法でタコ漁をしている漁師さんが点在していました。

そうこうしているうちに稚内に到着。

時間は朝の7時半でした。
おなかがすきましたが、ご飯屋さんがあいてないので、まずはノシャップ岬へ!

ドライフ 礼文島 
そして、そのまま市内をぶらぶら。
フェリーの出発が14時なのでかなり時間を持て余しました。


ご飯屋さんを探したものの、なかなかなく10時ちょっと前にやっとご飯にありつけました。
運転手ではなかったので朝からビールと海鮮丼を注文!

ドライフ 礼文島

そのあと市内を観光し、フェリー乗る前に再度給油!
26リッター入ったので、北見から稚内まで300kmなのでリッター12km。
1時間前にはフェリー乗り場着、礼文島へは1人2500~2600円だったかな?

礼文島へ2時間の船旅

この日は波ひとつなく湖のようでした。
寝ないで走り続けたのでフェリーのなかではすぐいびきをかいて寝たようです。


そしてようやく礼文島に到着。
北見紋別から北へは初めての旅なので、礼文島ももちろん初めて。

ドライフ 礼文島 
目的の引っ越しも単身なのでたいした荷物もなく6時半には完了。
ホテルへ向かい、いざ晩御飯。
礼文島といえばやっぱり海産物。とても楽しみにしていました。

 

 

しかし、ここで悲劇が!

 

 

居酒屋につくなり、刺身がないとのこと!

この時期は漁師さんが休みで、6月からじゃないと海産物はないよ!だって。
・・・ものすごくへこみます。
何が楽しみって晩御飯を一番楽しみにしていたのに、ウニやホタテ、つぶ焼き何もない。
450km走り、船に2時間乗って海に囲まれている島に来て無し・・・。

気を取り直して焼肉を注文、美味しかった!

ドライフ 礼文島 

そこで島の方々と触れ合い、お酒もおごってもらい、2次会までいき、またごちそうになってしまいました。

深酒の結果・・・

次の日、朝早く起きて島を一回りするために「5時半起きで集合」と打ち合わせて就寝したのですが・・・

案の定みんな深酒のため、1時間遅れで出発。


帰りのフェリーが9時なので、一回りする時間もない。
結局、島の端まで行けず断念。
ホテルへ戻り、朝食を食べてフェリー乗り場へ。

ドライフ 礼文島 

親友としばしのお別れです。

 

1泊2日の強硬旅でしたがとても面白かった。
ただ、海産物が食べられなかったのが残念。
また今度行けるかなー?

礼文島はシーズンに入るとかなり混みます。

ホテルや民宿もたくさんありますが、お値段もかなりいいようです。
皆さん海外もいいですけど礼文島もいいですよ、ぜひ行ってみてください。
くれぐれも事前確認をしっかりして美味しい海産物を食べてきてください!


釧路トヨタの社員が記者として、くるまやくらしを通じて感じた道東エリアの魅力を伝えるWebマガジン「DO-Life

カテゴリ

記者紹介