道東をもっと楽しむ Do-Life

MENU

おしゃれなものしか見当たらない! 十勝池田町の『Cafe&Life akao』

2020.3.11

こんにちは! DO-Life特派員マウラです。

 

マウラ

みなさま。体調は崩されていませんか?

実はマウラ。風邪による長らくのお熱から復活したばかり。今回は栄養満点の家庭料理をもりもり食べたくなって、十勝池田町にあるおしゃれカフェ『Cafe&Life akao(アカオ)』さんにお邪魔しました。

全て抜かりない店内外のセンスは、オーナー自らリノベーションしたから。

おうち型の窓が可愛い!!

看板が謙虚。このさりげなさがおしゃれ。

ここは数年間空き店舗だったものを、オーナーの赤松さんが自らリノベーションしました。実はマウラ、そのリノベーションの最中にお邪魔したことがあるんです。グラスウール(断熱材)を業者じゃない人が壁に入れているのを見たのは初めてでした笑。

お店に入るとすぐ植物がお出迎え。一瞬で優しい空気感に包まれます。

お店右手には様々な雑貨や焼き菓子など。

ひときわ存在感のあるストーブ。

「がおー」

木を中心としたカトラリー。集めたい!!

器はシンプル。でも上質だからそこにあるだけで空間を落ち着かせています。

ミニ箒が可愛い!!ディズプレイでもいいけど、せっかくだから使いたい!!でも汚したくないからフローリングのサササ掃きだな。

加工食品はちょっとしたお礼とか贈り物にぴったり。こちらはオーナーの赤松さんが仲間と取り組んでいる「十勝いけだ屋」の商品。

akaoさんオリジナルのコーヒーや、

手作り焼き菓子なんかもあります。

「Cafe&Life」というだけあって、暮らしを豊かにしてくれるアイテムがたくさんで写真を見ているだけでドキドキします。

何時間でも居たくなるカフェスペース。

カフェスペースももちろんおしゃれ。

「筋交い(ばってんの柱)」はあえて残したそう。空間に立体感をもたらしています。

テーブルセットの雰囲気はそれぞれ違っています。でもちぐはぐではない。これもセンスが成せる技。

↑こちらの雰囲気のあるドアも元々あったものを加工し直したそうです。この質感は新品では出せないよなー。

カフェスペースもやはり写真を見ているだけでドキドキが止まりません。ついつい長居しちゃいます。

おしゃれカフェで食べる家庭料理は格別!!

さて。本日の本命は栄養満点の家庭料理。akaoさんの人気メニュー「週替わりランチ」が出て参りました。

この日は唐揚げや春巻きなどみんなが大好きなおかずがいっぱい!!では。

「いただきまーす!!!」

食べる。

食べる。

食べる。

オーナーに話しかける。

そしてまた食べる。

食べる。

食べる。

嬉しくなる(笑)

完全に取材を忘れて、風邪退治に使い果たした栄養を食べて取り戻しました。どれもしっかりとした味付け。でも濃いわけではないです。

散々食べた後に今度は、、、

デザートにチーズケーキ。これもまた、

食べる。

食べる。

食べる。

食べる。

嬉しくなる(笑)

とろーり濃厚系のチーズケーキでした。マウラの好きなやつ。

ランチセットにつくコーヒーのカップは池田町の「いきがい焼き」。

草原に羊!!!可愛すぎる!!!!池田町内で買えるそう。しかも割とリーズナブル。

美味しいお料理と美味しいスイーツ、そしてコーヒー。体調不良からの完全復活を果たしました!!

池田町でカフェをやることに意味があった。

久しぶりにお会いした赤松オーナーとお話しました。

 

マウラ

どうしてカフェをやろうと思ったのか、読者の皆さんに教えてください。

赤松さん

とにかく地元である池田町で何かお店をやる、ということは考えていました。札幌にいた時に働いていたカフェでコーヒーの魅力を知りまして。

マウラ

あの有名なおしゃれコーヒー屋さんですね(笑)。

赤松さん

はい。そこで磨かれた自分の強みである飲食、それもコーヒーに焦点をあてたカフェをやりたくなったんです。

マウラ

カフェをやるに当たって人口の少ない池田町でオープンすることに不安はなかったんですか?

赤松さん

帯広でやった方がいいのでは?なんて言われたりしたこともありましたが、カフェという業態の少ない池田町でやることに意味があると思ったんです。池田町の人たちはもちろん、帯広や隣町の人もドライブがてらたくさんご来店いただいてますよ!!

ここで赤松さんにも車についてお聞きします。

 

マウラ

ときに赤松さん。車は何に乗ってますか?

赤松さん

ダイハツのハイゼットカーゴに乗ってます。何と言っても積載重視です!!十勝管内や札幌のイベントに出店するときにたくさん積めてラクです!!

赤松さんはカフェ経営のほかにも仲間と『株式会社 十勝いけだ屋』という会社を設立されています。

 

マウラ

『株式会社 十勝いけだ屋』はどんな目的で設立されたんですか?

赤松さん

しっかりとした拠点はありませんが、農産品を使いながら商品開発をしたりしています。地域に雇用を生み出して若者が戻ってきやすい町づくりを目指して活動しています。

↓こちらが『十勝いけだ屋』さんオリジナルのギフトセット。

大きな町ではないけど、未来の為に活動する人たちがこんなにいるなんて池田町って素敵な地域だと思いました。

赤松さんの明るいお話と美味しいお料理、そして癒しの空間でマウラは元気をもらって帰ってきました。池田町は帯広市からは30分ほど。広い道路しか通らないので運転苦手な方でも安心です。家庭料理をもりもり食べたいときにはぜひ『Cafe&Life akao』さんを思い出してください!!


Cafe&Life akao

営業時間 11:00~20:00(L.O.19:00)
定休日 毎週火曜日
TEL 0155-67-1505
フェイスブックページ Cafe&Life akao
住所 北海道中川郡池田町字利別本町15−21

この記事もおすすめ