道東をもっと楽しむ Do-Life

釧路トヨタの社員が記者として、くるまやくらしを通じて感じた道東エリアの魅力を伝えるWebマガジン

MENU

道東の蕎麦好きにオススメ、十箱(とばこ)なら新得産蕎麦粉100%の十割蕎麦が味わえる!

2018.1.17

  • Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

こんにちは、清水店の柳谷と音更店の中村です。
今回は新得町の
十割蕎麦のお店「十箱(とばこ)」さんへ取材に行ってきました!

12_no01_01

コンセプトはカラダが喜ぶシンプルで味わいのある十割蕎麦

新得町といえば蕎麦が有名ですが、実は蕎麦粉100%で作られた十割蕎麦を提供しているお店って、なかなか無いんだそうです。

新得方面へ国道38号線真っ直ぐ進み、左手に見えてくる蕎麦の旗を左折するとすぐ右手にあります。素敵な青い暖簾が目印です。

12_no01_02

こちらの十箱を営んでいるのは、優しい笑顔がとっても素敵な石畑さんご夫婦。

12_no01_18
ご夫婦の息子さん、条治くんは2017年12月で1歳になったばかり♡

12_no01_05
実は旦那さん、元々は全く違う障がい福祉関係のお仕事をされていました。
蕎麦打ちの師匠から
「元蕎麦屋の物件があるぞ」と聞き、蕎麦のまち新得町で
チャレンジしてみよう!と決断したそうです。

12_no01_03

お店のコンセプトはカラダが喜ぶシンプルで味わいのある十割蕎麦。店名は「十」割蕎麦を楽しむ人の集まる「箱」になれば、という想いが込められているそうです。

そもそも飲食業が初めてだった石畑さん。なので、親戚の方に蕎麦作りを一から教わったそうです。どのくらい仕込めばいいのか、1日何人くらい来るのか…全く想像つかず、初めの頃は麺を切らしてしまい、お客さまをお帰ししてしまった事もあったとか。

12_no01_04
試行錯誤しながらの8ヶ月。
お客さまも順調に増え、40代~60代の方や蕎麦好きな若い方、小さなお子さん連れも多く訪れるようになりました。GWやお盆、新蕎麦のシーズン(10月頭)は開店すぐに売り切れになったそうです。

ご夫婦手作りのホッとする空間とシンプルなメニュー

見てください、このテーブルやカウンターや小上がり、全て手作りなんです!

12_no01_06
12_no01_07
12_no01_17

店内の雰囲気にピッタリな落ち着ける空間作りがされていてとても素敵でした❤

さあ、いよいよこだわりの十割蕎麦メニューの紹介!

12_no01_10
シンプルですが、自慢の十割蕎麦の旨味を感じられるメニューに絞り込んであります。
この日はざるそばと、かしわそばをいただきました!

ざるそば
12_no01_08

かしわそば
12_no01_09
どちらも本当に美味しいです! 特に蕎麦の旨味を感じられるのはやっぱりざるが一番。
数量限定のセットには蕎麦団子(写真奥)がデザートとして付いてきます。お団子と小豆が絶妙にマッチしてとても優しい味♡

そばつゆが濃くないので蕎麦本来の味を感じられ、温かい蕎麦の汁はお子さんでも自然に飲み干せます。石畑さんにとって一番嬉しいことは、つゆまで全部飲んで「あ~、美味しかった!」「美味しかったよ、また来るね!」とお客さまに言ってもらえることだそうです。

初めての蕎麦切りにチャレンジ!

時間の都合で蕎麦打ち体験は残念ながらできませんでしたが、切る前までの工程を間近で見させていただき、蕎麦切りを体験をさせていただきました。

12_no01_11
12_no01_13
12_no01_12
12_no01_14

いざ、柳谷がチャレンジ!

12_no01_15

そう簡単にうまくは切れません…(T-T) 太さがバラバラですが…味は変わりません!(笑) 貴重な体験をさせていただきました、ありがとうございます!

私たちは今回の取材で初めて十割蕎麦を食べましたが、丁寧に作られたお蕎麦は甘みがあり本当に美味しかったです! 
そして、とても優しい石畑さんご夫婦と条治くんの笑顔にたくさん癒されました(*^-^*)

12_no01_16

スキーやスノーボードのシーズンになりましたが、ランチはちょっと特別なお蕎麦を食べに新得へ寄り道してみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】蕎麦 十箱(とばこ)
住所:上川郡新得町元町66-3
電話番号:0156-67-7025
営業時間:11:00~15:00(蕎麦が無くなり次第終了)
定休日: 木曜日
駐車場:有
公式Facebook:https://ja-jp.facebook.com/sobatobako/

カテゴリ

記者紹介